水漏れで損害賠償の経験は?

image 1

水漏れというトラブルは、とてもやっかいです。 お金の面でも、時間の面でも、面倒で、時には命の危険さえもあります。中古、新築は関係なく、つきまとうトラブルなのです。では、そんなトラブルの原因は何なのか。ケースバイケースですが、先住人の原因や大家の原因や自分の原因などがあります。最も多いのが、老朽化の原因だと言われています。このケースでは、怒りの矛先をどこに向ければ良いのか分からない状況になるのです。では、老朽化以外に、人的な原因があるケースでは、どうでしょうか。もし、自分以外の人間が原因で起こったトラブルだとしたら、怒りの矛先は一つしかありません。水漏れが理由で、損害賠償をしたことはありませんが、世の中にはそういった事例も存在するのです。誰の責任で審判が下されるのか、ケースバイケースですが、皆が水漏れトラブルを改善しようと務めるのが最善の方法だと言えます。今、住んでいる人間、前に住んでいた人間、その物件の管理人や責任者、皆が努力してトラブルを解決していくべきです。トラブルを解決するためにかかるお金や時間のコストやロスは、とても無駄なものなので、失くしていくには、争いよりも協力がポイントだと思います。

おすすめサイト

タビマスターズ

水漏れ!その時どうする?

image 1

水漏れは予期せぬ事態なので誰でも慌てるものです。 特に、一戸建てでなく、マンションなどでは下の階にも迷惑をかけますし、迷惑だけではなく、場合によっては損害賠償も必要になるかもしれません。日常の生活で、蛇口を捻れば何の疑問を持つことなく、水が無制限ででてきます。あたかも、壁に蛇口を取り付ければどこでも水が出てくる錯覚にとらわれます。壁の中や天井に、どのような配線や配管が通っているのか想像することもありません。 それが、ある日突然水漏れし、床が水浸しであったり、締めた蛇口の根元から水が流れて止まることがなければ気が動転してしまいます。 しかし、これはあり得ることなので、蛇口を捻れば水がでるということは、常に蛇口まで水が来ているわけです。次々と流れるということは水は見えない壁や天井を流れているということです。 何事にも、元があるもので、水を住宅に引き込んでいる元がどこなのかを知る必要があります。水漏れが発生した時には、流れる出口を押さえても止まるものではありません。元になっている元栓をいち早く止める必要があるのです。 常に自分の家の元栓がどこにあるのかを確認しておくことです。慌てることなく、元栓を止めてから業者に電話をすることです。